イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

第308回東京-神戸鬼金CPDセミナー/308th Onikin CPD Seminar

11月 10日(土曜日) @ 1:00 PM - 4:15 PM

Registrations are closed for this event

お手数ですが、申し込み受付システムの確認中であるため、上記システムで申し込まれた後、以下の鬼金分会までメール(本文無し、件名:11/10申し込み で結構です)にてご一報ください。

rep@jspe.org

本セミナーではA Guide to the Project Management Body of Knowledge(PMBOK® Guide) 6th Editionを教科書として、講師(PE and PMP®)が経験したプロジェクトマネジメント経験を講義します。セミナー参加者には、Professional Engineer(PE)に必要な継続学習時間(PDH)やProject Management Professional(PMP)®に必要な継続学習時間(PDU)が発行されます。

鬼金CPDセミナー
参加費 :3,000円(JSPE会員)、5,000円(非会員)
講師  :JSPE会長 川村武也(PE, PMP®)
副講師 :JSPE理事 森口智規(PE, PMP®)
CPD&PDU:3PDHおよび3PDU or 3 Contact hoursを提供
提供PDU : 3.0 Hr (Leadership 1.0 Hr, Technical 1.0 Hr, Strategic 1.0 Hr)

講演題名:「品質、プロジェクト、倫理」
英語タイトル:Quality, Project and Ethics
講演概要:今や、プロジェクトに従事するエンジニアは、PMBOK® Guideに沿ったマネジメントプロセスだけでなく、ISO9001に沿った所属組織の品質マネジメントプロセスにも通じておく必要があり、更にNSPE等が定める倫理規程に沿った行動を取る必要もある。
近年、製造業品質データ不適切管理等の事例が国内で明らかになっているが、過去20年の間に急速に普及してきたPMBOK® GuideやISO9001の手法が依然として活用されていない組織も多くあることを暗示している。その一方、長年組織内で放置されてきた不適切管理がこの時期に明るみに出た理由の一つとして、同じく過去20年の間に技術者倫理が認知されるようになったことがあるのではという説もある。
本講では、こうした背景を踏まえ、まずPMBOK® GuideのプロセスとISO9001のプロセスとの類似点、相違点を明らかにし、次に両プロセスを並行して適用していく上で、NSPEのエシックス・コードが役立つのではないかという仮説を提案する。
多数の会員、非会員のお越しをお待ちしています。
講義ではPMBOK® Guide 6th Edition 各章のQualityに関する記載を参照しますので、できる限りPMBOK® Guide英語版を事前に入手して持参下さい。なお、同英語版はJSPEにて在庫があり、市中で購入するよりも割安で購入頂けます。(ご希望の方は鬼金分会rep@jspe.orgまで)

本会場(東京):Mace南青山(東京都港区)
サテライト会場(神戸):兵庫県民会館(元町)

申し込み受付は上部にあります。(締め切りは11/7)

セミナー終了後にはワンコイン懇親会も予定しております。

 

JSPE 企画部会 阪井敦
教育部会 森山亮

詳細

日付:
11月 10日(土曜日)
時間:
1:00 PM - 4:15 PM
イベントカテゴリー:

主催者

JSPE鬼金分会
メール:
rep@jspe.org

会場

Mace南青山
南青山3-2-7 ブラック青山7階
港区, 東京都 107-0062 Japan
+ Google マップ
Web サイト:
http://www.koujiyahakokikou.com/2017/07/mace.html