JSPEの歴史

日本プロフェッショナルエンジニア協会(JSPE)とは

JSPEは、日本におけるPEの技術レベルの向上、並びにエンジニアの地位向上と確保、及び、その倫理面(健康、安全、福祉に奉仕する)の確立を目指し、2000年9月に設立した東京都の特定非営利活動法人(NPO法人)です。
2001 年 8 ⽉に全米プロフェショナルエンジニア協会(NSPE)との間 で提携協定 (affiliation agreement) を結び、NSPE 倫理規程(Code of Ethics)に代表される 欧米流エンジニアリング理念の実践と普及を提唱しています。また、2016 年2 ⽉に米国プロフェショナルエ ンジニア資格取得促進を目的として日本技術者教育認定機構(JABEE)との間でMOU を締結しまし た。(JABEE ウェブサイト – 日本国内団体との協働関係について︓ http://www.jabee.org/international_relations/other/

 

NSPEとの提携協定      JSBEEとのMOU

  • (画像をクリックするとPDFが開きます)

    2018年3月現在の会員数は372名。うち米国の州に登録したPE 資格を持つPE 会員は196 名です。

    設立趣意書

    JSPE設立趣意書

    目的

    本協会は、会員が専門技術を通じて国際的な工学基準の認識および理解をし、高度の倫理基準をもって公共の安全・健康・福祉・財産を守る活動を支援することを目的とします。

    使命

    米国プロフェッショナルエンジニア協会(NSPE)と密接な関係を保ちながら、会員が技術的能力と社会的地位を高めるための機会や場を提供します。
    会員が国際的な高い水準の技術者倫理観の維持向上に努める場を提供します。
    世界で活躍できる視野の広い専門技術者育成に貢献します。
    会員が専門業務をとおして、社会貢献を行なうことを支援し、また会員相互支援の機会を提供します。
    PEおよびそれを目指す技術者が、高度専門技術を研鑚する機会を提供します。

    活動

    インターネットや人的交流をとおして、米国プロフェッショナルエンジニア協会(NSPE)と関係を密にし、双方の会員間での専門技術の想像と進歩についての継続的な意見交換を促進します。
    会員が高度の専門技術を研鑚するため、専門技術セミナーを開催します。
    会員が技術者倫理を確認しその意識を高揚するために、セミナーやキャンペーン等を実施します。
    会員相互の情報交換の場と、国際共通語としての英語による意見交換の場を提供します。
    PE試験やFE試験の準備、実施のためのボランティア活動として会員を派遣します。
    PEを目指すエンジニアのために効果的なセミナーを開催します。
    協会誌やホームページ等を通じて、JSPEやNSPEの活動や動向に関する情報を会員に提供します。

    2000年9月9日
    日本プロフェッショナルエンジニア協会