記事一覧

【セミナー実施報告】第294回(東京・神戸)鬼金CPDセミナー

第294回(東京・神戸)鬼金CPDセミナー
日時:2017年9月2日(土) 13:00-16:15
題名:発注者側プロマネの視点とトラブル事例
   Viewpoint and Trouble Cases of Project Manager on the Client side
講師: JSPE理事 阪井敦(神戸会場)、副講師:JSPE理事 稲葉光亮(東京会場)
場所:神戸元町兵庫県民会館、東京神田ミカサエコ
参加:<神戸>9名(PE7名、PEN2名)
   <東京>17名(PE11名、PEN3名、FE1名、その他2名)

 9月2日(土)に鬼金CPD 2017「Project Cases practiced by Professional Engineers and PMBOK® Guide-3」(1858 JSPE2017-1)の第2講「発注者側プロマネの視点とトラブル事例」を行いました。神戸会場においてJSPE理事の阪井敦が講師を務め、サテライトの東京会場(副講師:稲葉理事)と連携する形で実施しました。
 今回は発注者側と受注者側の両視点でプロマネを実施した講師の貴重な経験談に基づいた大変興味深い内容だったのではないかと思います。演習についても具体的な事例を取り上げ、発注者側の要求と受注者側が受け入れられる範囲のせめぎ合いという非常に重要なポイントを解説いただき、会場でも議論が広がりました。また、発注者側として詳細に仕様書を記載した時のメリット・デメリットを解説いただき、受注者側からすると、書いてないことはやらないというプロジェクトの本質についての大変ためになる演習問題で議論ができました。

ファイル 656-1.jpg  ファイル 656-2.jpg                  
神戸会場の様子           東京会場の様子